スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
容疑者Xの献身
容疑者Xの献身

演劇集団キャラメルボックス

サンシャイン劇場
2009年4月30日(木)〜5月24日(日)

原案・原作 東野圭吾
劇作・脚本・演出 成井豊

キャスト
西川浩幸 / 岡田達也 / 西牟田恵 / 斎藤歩 / 川原和久 / 大森美紀子 / 前田綾
三浦剛 / 筒井俊作 / 實川貴美子 / 石原善暢


***


5月15日ソワレ

原作・ドラマ・映画、どれにも触れずにミーハー丸出しで客演の川原さん目当てに観劇してきました。「フクヤマ白衣着てたやつ」ぐらいの認識で。結果的にそれが凄く良かった気がします。キャラメル自体、ここ最近の原作付きの演目に興味が持てなかった事もあって凄く久々に見ました。MXの舞台中継はたまに見てたけど。あ、わたしは大内さんが好きです。『僕のポケットは星でいっぱい』はアホほど泣けた。

西川さんはどの舞台だったかな、着物だから時代物だと思うんだけど、口を引き結んでブスッとした表情のイメージがあって。数学者の石神も、不機嫌とは言わないまでも、口数少なく起伏の少ない感じで。似合うなぁ、と思いながら見てました。ただ、石神に関して周りがやたら「天才」って言葉を多用するのが安っぽくて気になった。そんだけ頭良いってことなのだろうけど。

で、まぁ泣いたわけですけども。タイトルに尽きるなぁ、と。石神の献身ぷりが泣けるわけです。どう考えても自分の首を絞めることになる仕掛けをわざわざ仕掛けるわけです、母子のために。死体のすり替えにホームレス使う辺りかなりエグいとは思うんだけど(通勤途中に毎朝見掛けてた人々を瞬間的に「使える」と思ったであろう思考とか、「ホームレスなら」ってゆう打算が当然あったのだろうから)、何しろ純愛というか、無償の愛みたいなのを中心に持ってこられると泣かずにはいられない。泣きながら「しかし…!」と思いながら見てました。ただ、石神があの頭脳を犯罪の隠ぺい工作に用い、また実行に移したのは、それが自分の為ではなく母子の為になるからだったのかな、とは思った。それは、石神の淡々とした首吊り未遂シーンとか、休日に聞こえてくる隣の母子の声に耳を澄ましてるシーンがとても印象的だったから。でも、明確な見返りを求めない献身それ自体が、この先ずっと母子に重く圧し掛かるわけで。それも身勝手な話だよなあ。最後の手紙の「幸せになる確率を〜」はキャラ作りすぎだろ、と思わなくも無かったけど、帰りの電車で考えてたら何となくしっくりきました。そういう言い方しかしてこなかったし、できない人なのかもな、と。そう思わせる説得力が西川さんの石神にはあるように思いました。

西牟田さんがまた、見せてくれるます。すごく素敵な女優さんです。水商売上がりのちょっと色っぽい感じありつつ、弁当屋のおばちゃんの気持ち良さがあって。1階の真ん中より後ろで見てたんですけど、佇まいがソレっぽいなぁ、と思わせてくれました。ラストの土下座は緊張感がビリビリ伝わってきた〜。キャラメルって基本すごい早口で抑揚あんまり無い感じだけど、メインに客演の方がいるとメリハリあって良いなぁ、とか思いました。最近のキャラメル全然知らないけどね!

川原さんは、えーと、間宮で、間宮は何と言うか、落ち着きの無いオジサンでした!まる!本編にそれほど絡んでいかないキャラクターなので、空気が変わるというか、パートが違う感じがして見てて息抜きになりました。コートの丈が長くてかっこよかった。てゆうか、臨場したならちゃんと死体見てください!遠くから見てオエッとならないでください><

舞台としては転換ちょっと多すぎるんじゃないかなぁ、とも思いました。バタバタして落ち着かなかった印象。

***

帰りがけにDVD借りて後日リピりました。映画見てからだと転換は必要かなあ、と思いました。取り調べシーンの石神の心情、映画では堤真一の顔を見てるしかないけど、舞台は原作の朗読が挿入されてて、アレはずるい。禁じ手。
posted by a.k.a. | 18:42 | stage | - | - |
回転木馬
2009年3月18日〜4月19日
天王洲・銀河劇場

キャスト
笹本玲奈 / 浦井健治 / はいだしょうこ / 坂元健児 / 風花 舞 / 安原義人 / 川崎麻世 / 安奈 淳 ほか


***


4月19日千秋楽


ろくでもないことして死んだ父親が天国から一日だけ戻ってきて15歳になった娘に会って元気付ける、とかゆう。要約するとよくある陳腐な感じになってしまうのは、きっと私に言葉が足りないせいです。 詳しくはここら辺を読んで補完を。

一幕も二幕も一場の天使の使いのシルエットが可愛くて、なんだかそれだけで泣きたいような気持ちになりました。 飛行帽のフォルムと、それが子供の頭に乗ることで出来上がるシルエットの完成度が高すぎる。 最近の子役の可愛さはインフレ状態。

古いミュージカルって心情を描くよりは筋と演出で見せる感じなのかな。 明確なオチとか結末とかを求めちゃいけないのかも、とも思いました。 結局ビリーは何もしてなくね?って見方も出来る。 でもモダン・ミリーとかハウ・トゥー・サクシードとか見ると「娯楽!」ってのがまず一番にあって、話の筋とかは二の次な感じもするし、それはそれで凄く好きでもあるので。このての作品を見た後に「で、オチは?」と私が抱いてしまう感覚は無粋なのかな、とも思います。だって、私はこの話が結構気に入ったし。

一幕は浦井さんの物凄い開襟にしばらくボーッとしてました。なんか、すごく無駄に開襟でした。思い出しても笑えるぐらいの開襟。肌が黒いなぁ、とか。髪が長いなぁ、とか。見た目から随分と作りこんで、声のトーンもかなり低めで。しょうこお姉さんは独特すぎて正直どうだったのか判断できません。れなちゃんとキャッキャウフフって感じでした。歌は上手かった気がします。いや、わかんない。よくわかんなかったです!れなちゃんは母親になってからの、しっとりした芝居の方が好きです。歌声も、張り上げる感じでなく、伸びやかで。

二幕冒頭の西島千博のダンスにはうっとり。 もっと見てたかったです。前から気付いてたけど川崎麻世は相当好きっぽい。 かっこいい。 体中から悪い男臭をプンプンさせててギラついてるし、かっこよさが突き抜けてました。出てるの全然知らなかったけど、唐突にオーラを放ち始めて気付きました。これが芸能人のパワーか!

ビリーの「ひとりごと」短くなってた気がする。 元は7分ぐらいあったような?でもきっと7分も聴いてたら私は飽きそうなので、短いなーぐらいがちょうど良かった気もします。これはきっと難しいと思う。前にNHK-FMでやったミュージカル三昧のスタジオライブで石川禅さんが歌ってて、録音して割と何度も聴いてたせいでそのイメージが強かったです。でも、やはり石川さんとは全然違うし、歌詞も変わってて楽しかった。「愛したら」は良かったなー。 他にも良い曲あったけどプログラム完売で曲名の邦題がわからん! しかし、じんわり涙が出てくるような、とても素敵なお話でした。
posted by a.k.a. | 01:14 | musical | - | - |
SUPER LIVE vol.2 LOVE LEGEND
SUPER LIVE vol.2 LOVE LEGEND

新国立劇場 中劇場
2009年4月9日(木)〜4月13日(月)

演出:広崎うらん

キャスト
姿月あさと / マテ・カマラス / ルカス・ペルマン / マジャーン・シャキ / 伊礼彼方 / 湖月わたる


***


4月9日ソワレ

事前のインタビュー記事などに色々書いてあったのですが、あえて予備知識入れないまま臨みました。

一幕ヘリコプターの音でサイゴンでも始まるのかなーと思ったら、現代版ロミジュリ。ディカプリオの映画は笑えますよね。だってアロハシャツだし。マテのロクサーヌがかっこよかったです、低姿勢で獣みたいでした。ムーラン・ルージュで使われてたタンゴver.だけど元ネタはポリスですな。フィギュアの高橋くんがエキシビションで使ってて好きです。振付がコンテンポラリー系で割と好きでした。しかし、ダンサー何で半ズボンだったのだろう…。舞台装置をよじ登ってジュリエットに会いに行くロミオの図はちょっと笑いそうになりました。しかしルカスとマジャーンは絵になるなあ。

二幕"one song glory”はRENTノータッチなので、ふーん、と思いながら見てました。本当かすってもいないんだよなあ。普段ミュージカル見ない人もRENTいいよ!って言ってるのに。よくわかんないけど青春物でしょ、とか思って見てないです。トレスポの泣ける版でしょ、みたいな。まあ生きていれば見ることもあるでしょう。

伊礼さんのソロは『魔法にかけられて』から"so close"でした。私としてはバカ王子もすごく好きだったのですが、ロバートのこの曲は出来杉くん。声質に合ってるし、間奏のフワフワしたダンスも夢見心地で良かったです。欲を言うとマジャーンの"that's how you know"も聴きたかったなあ。

姿月さんとのデュエットでマテが「何故生きrrrrrの」って歌ってて、かなり不自然に笑うのを我慢しました。rrrrrrとしか書きようの無い感じが、何かツボった。

隣の通路席が空いててステージ降りた演者がちょこちょこ座っていってくれたのが嬉しかったです。伊礼さん尻ちっさ!
posted by a.k.a. | 20:42 | stage | - | - |
エリザベート
エリザベート

東宝ミュージカル

大阪 梅田芸術劇場
2009年1月8日(木)〜2月2日(月)

脚本・歌詞 ミヒャエル・クンツェ
音楽 シルヴェスター・リーヴァイ
演出・訳詞 小池修一郎

キャスト
涼風真世 / 山口祐一郎 / 鈴木綜馬 / 浦井健治 / 初風諄 他


***


1月27日(火)マチネ


※ちょっと時間が経っているので終演後に残したメモを見ながら。


・鈴木フランツvs浦井ルド
この組み合わせの父と息子は鉄板。

・浦井ルド
東京より痩せてた。浦井さんは幾つか舞台見てるのですが、いつも声音と表情を丁寧に作っいるようで、受ける印象がガラっと変わります。皇帝や皇后と対峙した時のちょっと頼りない佇まいと独立運動の堂々とした表情の変化はよかったなあ。ジュラに新聞押し付けながらドンッと突き飛ばす仕草は東京終盤ぐらいからかな。あれすごく好きです。浦井ルドは本物のルドルフの肖像みたいな悲しいような優しいような表情がよく出てるような気がする。ただ、芝居が流れすぎかなぁと思う場面も少々。もう少し時間を使うというか、大事な台詞を言う前には溜めがある方が好きです。ルドルフって一度出たらずっと舞台上にいる割に場面の移り変わりが激しいから、途切れさせないようにわざとポーズを置かないようにしてるのかな、とも思うけれど。相変わらず伸びやかな歌声にはジーンときます。『僕はママの〜』で話すみたいに歌うところが凄く良かったです。ダンスは小鹿みたいでひたすら素敵。そいえば自殺シーンものすごい仁王立ちだったんだけど、前からだったかな。
posted by a.k.a. | 02:40 | elisabeth 08-09 | - | - |
エリザベート
エリザベート

東宝ミュージカル

大阪 梅田芸術劇場
2009年1月8日(木)〜2月2日(月)

脚本・歌詞 ミヒャエル・クンツェ
音楽 シルヴェスター・リーヴァイ
演出・訳詞 小池修一郎

キャスト
朝海ひかる / 武田真治 / 鈴木綜馬 / 伊礼彼方 / 寿ひずる 他


***

1月26日(月)マチネ


※ちょっと時間が経っているので終演後に残したメモを見ながら。


・武田トート
前日が特別調子良かったのかな?って感じるぐらいの出来だったけど、この日も凄く良かった。大阪来てから安定してるのかな。『最後のダンス』のラストが安定してくれるといいんですけどねえ。武田トートは結構いつもあらぬ方向に視線行ってて舞台上の誰ともあんまり目が合ってないのがイルな感じで楽しいです。「お前の〜」とか言いながら顔は客席、とか結構ある。武田トートの日はトートの印象が凄く強いです。

・新太ルド
新太くん歌上手いなー。子役だから、ってゆうの抜きにして感心しました。ビブラートがとても綺麗。お芝居も上手で、しっとりとした気分になりました。ダンスは颯眞くん、話し声は力斗くん、歌と芝居は新太くん、と思って見てます。

・伊礼ルド
父と息子で鈴木フランツがポイッとした新聞を立ち位置変わるときにフランツが踏んでて、それをしゃがみ込んで拾う時の伊礼ルドの顔がピキピキしてて、おお怒ってる…!ってのがよくわかりました。『独立運動』のダンスって、今更ながらよく出来てる。革命家と踊ったあと、トート側に吸い寄せられてダンサーズ寄りの振り、また革命家の方に戻ってきて一緒の振り。自らの意思で動いてるのかトートに踊らされてるのか、ってゆう心の揺れを表してるのかなと、思いました。半年近く見て、ここにきてやっとです。両手で上着の裾をギュッギュッと直すのは無意識ならほんとに可愛い癖だからやめてほしいです。その裾ぜんぜん乱れてないよ。
posted by a.k.a. | 02:35 | elisabeth 08-09 | - | - |
Search this site