<< ミュージカル『テニスの王子様』コンサート Dream Live 5th | TOP | ルドルフ The Last Kiss >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
ルドルフ The Last Kiss
ルドルフ The Last Kiss

東宝ミュージカル

東京 帝国劇場
2008年5月6日(火)〜6月1日(日)

原作:フレデリック・モートン「A Nervous Splendor」
音楽:フランク・ワイルドホーン
脚本・歌詞:ジャック・マーフィ
追加歌詞:ナン・ナイトン
演出:宮本亜門

キャスト
井上芳雄/笹本玲奈/知念里奈/香寿たつき/壌晴彦/浦井健治/畠中洋/岸祐二/新納慎也/三谷六九/岡幸二郎/他



***


5月26日ソワレ


今日は凄かった。鳥肌たちすぎて肌が痛かった。スタオベ多数。カテコで井上くんが「いやっほーう」って5回ぐらい言ってて微笑ましかった。

2幕のもぐら叩きから娼館、『私という人間』、『明日への階段』の流れは私の中で鉄板です。特に『私という人間』が初見の時より前半かなり抑えて歌ってて後半の盛り上がりと共に泣いてしまいました。この曲が一番好きかもしれない。あの瞬間だけ、ルドルフの未来には凄く素晴らしいものが待っているんじゃないかといつも期待してしまいます。結果なんてわかってるのに。それ位いい曲なんだよなー。ウィーン版再演あるなら追加で音源化してほしいです。

4月の記者発表と歌詞変わってますよね。「自分の言葉を形にするのだ」ってとこが丸々変わっててちょっと残念。ルドルフって結局は書くことぐらいしかできなかった人だから「言葉」って単語は大事だと思ったんだけどな。ツェップス達も「言葉より行動です」って何度も歌ってるし。その行動ができてたらねー。まぁできないからこそのルドルフとも思います。歴史にifは無いですね。

脚本の穴は見ないふりして豪華な双頭の鷲セットと空飛ぶ河童さん(浦井さん)をバックに素晴らしい曲(=歌、とは言い切れない)を聴くことに重点を置いたら満ち足りた気分になる。限定パンフ買えて嬉しいです。
posted by a.k.a. | 17:43 | musical | - | - |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 17:43 | - | - | - |
Search this site