<< Miss Saigon | TOP | マージナル 砂漠編 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
エリザベート
エリザベート

東宝ミュージカル

愛知 中日劇場
2008年8月3日(日)〜8月28日(木)

脚本・歌詞 ミヒャエル・クンツェ
音楽 シルヴェスター・リーヴァイ
演出・訳詞 小池修一郎

キャスト
朝海ひかる / 山口祐一郎 / 石川禅 / 伊礼彼方 他



***



8月28日マチネ 千秋楽

・村井マックス
『我ら息絶えし〜』のド頭のミニソロはほぼ確実に外しますよね。それ以外は一挙手一投足が魅力的で本当に大好きです。『結婚の失敗』でのちょっとした手の動きとか視線とか凄くかっこいい。『パパみたいに』リプライズでシシィに向ける悲しげな眼差しもグッときます。

・朝海エリザ
舞台が近いせいか、少女時代の化粧が…(これは両シシィ共通)。しかし、話が進むうちにどんどん綺麗になって、夕暮れの結婚式はとっても美しかったです。歌はやっぱり、うーん…。二幕は悪くなかった気がする。外見のツン、とした雰囲気が高貴な感じで、立ち姿は好きです。そのツンとした感じが伊礼ルドルフのフンッとした感じに似ていて、この二人は似たもの親子な感じがします。涼風エリザがやんわりと拒絶するのに対し、朝海エリザはぴしゃりと跳ね除ける感じ。気位が高そうで、朝海エリザの役作りも結構好きです。

・石川フランツ
ミラクルメイク…!声音の使い分け、姿勢、歩き方、少しずつ変化して上手く老けていく姿には感動します。プロローグでも皇帝の威厳を保ってるように思えます。皇帝の死は描かれていないけど、トートに屈したわけではないんだろうな、と思います。生き意地が汚いというわけではなく、何となく…うーん、上手く言えない。悪夢の石川フランツは凄いです。目を見開いたまま、だんだんと狂っていく感じ。

・高嶋ルキーニ
珍しく、気前よくポストカード撒いてた。

・山口トート
手刀を切るよるな動作が不思議。「エリーザベイー」の「イー」がとても気になります。bethにiの音なんて無いのに。しかし、声がよく通るなぁ。

・伊礼ルド
『HASS』前の「よく見てください」が悲痛で、ゾワゾワしました。カフェで手にした新聞をグシャグシャにしてるのは初めて見ました。マイヤーリンク、武田トートはじわじわ追い詰めてくるけど、山口トートは走ってくるんですね。伊礼ルドは引き金を引くその瞬間まで、生への執着が見えるというか。ギリギリまで死を拒んでいて、でも引き金を引く瞬間はトートの誘惑だけじゃなくて自分の意思も確かにあって、皇太子としての誇りを持ちながら死んでいく感じかな。浦井ルドのマイヤーリンクは「やっと死ねる」って見えるので、これは割と大きく違っているように思いました。最後まで強くあろうとするルドルフ。馬車でエーヤンされてる時なんか、革命起こせうな感じがします。ここら辺『ルドルフ -The Last Kiss-』のルドルフ絶好調シーンを思い出して何だか泣けてきます。強ければ強いほど、心折れてしまう場面は辛い。

posted by a.k.a. | 18:18 | elisabeth 08-09 | - | - |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 18:18 | - | - | - |
Search this site