<< SUPER LIVE vol.2 LOVE LEGEND | TOP | 容疑者Xの献身 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
回転木馬
2009年3月18日〜4月19日
天王洲・銀河劇場

キャスト
笹本玲奈 / 浦井健治 / はいだしょうこ / 坂元健児 / 風花 舞 / 安原義人 / 川崎麻世 / 安奈 淳 ほか


***


4月19日千秋楽


ろくでもないことして死んだ父親が天国から一日だけ戻ってきて15歳になった娘に会って元気付ける、とかゆう。要約するとよくある陳腐な感じになってしまうのは、きっと私に言葉が足りないせいです。 詳しくはここら辺を読んで補完を。

一幕も二幕も一場の天使の使いのシルエットが可愛くて、なんだかそれだけで泣きたいような気持ちになりました。 飛行帽のフォルムと、それが子供の頭に乗ることで出来上がるシルエットの完成度が高すぎる。 最近の子役の可愛さはインフレ状態。

古いミュージカルって心情を描くよりは筋と演出で見せる感じなのかな。 明確なオチとか結末とかを求めちゃいけないのかも、とも思いました。 結局ビリーは何もしてなくね?って見方も出来る。 でもモダン・ミリーとかハウ・トゥー・サクシードとか見ると「娯楽!」ってのがまず一番にあって、話の筋とかは二の次な感じもするし、それはそれで凄く好きでもあるので。このての作品を見た後に「で、オチは?」と私が抱いてしまう感覚は無粋なのかな、とも思います。だって、私はこの話が結構気に入ったし。

一幕は浦井さんの物凄い開襟にしばらくボーッとしてました。なんか、すごく無駄に開襟でした。思い出しても笑えるぐらいの開襟。肌が黒いなぁ、とか。髪が長いなぁ、とか。見た目から随分と作りこんで、声のトーンもかなり低めで。しょうこお姉さんは独特すぎて正直どうだったのか判断できません。れなちゃんとキャッキャウフフって感じでした。歌は上手かった気がします。いや、わかんない。よくわかんなかったです!れなちゃんは母親になってからの、しっとりした芝居の方が好きです。歌声も、張り上げる感じでなく、伸びやかで。

二幕冒頭の西島千博のダンスにはうっとり。 もっと見てたかったです。前から気付いてたけど川崎麻世は相当好きっぽい。 かっこいい。 体中から悪い男臭をプンプンさせててギラついてるし、かっこよさが突き抜けてました。出てるの全然知らなかったけど、唐突にオーラを放ち始めて気付きました。これが芸能人のパワーか!

ビリーの「ひとりごと」短くなってた気がする。 元は7分ぐらいあったような?でもきっと7分も聴いてたら私は飽きそうなので、短いなーぐらいがちょうど良かった気もします。これはきっと難しいと思う。前にNHK-FMでやったミュージカル三昧のスタジオライブで石川禅さんが歌ってて、録音して割と何度も聴いてたせいでそのイメージが強かったです。でも、やはり石川さんとは全然違うし、歌詞も変わってて楽しかった。「愛したら」は良かったなー。 他にも良い曲あったけどプログラム完売で曲名の邦題がわからん! しかし、じんわり涙が出てくるような、とても素敵なお話でした。
posted by a.k.a. | 01:14 | musical | - | - |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 01:14 | - | - | - |
Search this site